保存・検索の機能が充実しているメールアーカイブで情報漏えいを防ぐ

メールアーカイブとは、メールサーバでやり取りが行われている電子メールを全て保存する為のシステムです。
この機能を使う事によって、全てのメールを保存・検索が出来るようになり、管理がしやすくなります。
管理者側の機能としては、アクセス制限機能が搭載されていますので、従業員のアカウントや管理者以外はアーカイブにアクセス出来ないようにしておく事で不正アクセスを防ぎ、情報漏えいを防ぐ事が出来ます。
メールアーカイブは、メールサーバと別にシステムを構築しておくのが一般的です。
このようにしておけば、メールサーバ上で誤ってメールを削除してしまっても、アーカイブから復元する事が可能です。
社内でやり取りされているメールの多くは、業務に関する事が多数記載されていますので、これが外部に漏れてしまいますと、様々な問題が発生してしまいます。
メールアーカイブを導入して、全メールを保存し、必要なメールを高速な検索機能で探して復元させるだけでなく、管理をしっかりと行える環境を構築しておく事でセキュリティ強化を図っていく事が出来ます。
ユーザーはメールシステム上で安心してメールの送受信を行う事ができ、管理者は外部からの攻撃や侵入を防ぐ手段を得られます。

メールアーカイブの導入を検討する際には、どのようなアプリケーションやサービスを使うのかを検討していかなければいけません。
サーバにアプリケーションをインストールする際には、メールサーバとは別のサーバにメールを保管するようにしていきます。
メールアーカイブシステムは、全てのメールを保存する物ですので、保存・検索がしやすいように専用のサーバで管理した方が効率的です。
また、メールサーバとメールアーカイブシステムを別にしておくだけで、メールサーバに不具合が発生してサーバの更新を実施する際にはメールサーバを変更してから、メールアーカイブシステムに接続し直すだけで、メールの送受信に必要なシステムを再度構築し直す事が出来ます。
情報漏えいを防ぐには、メールのバックアップが分離されている事が重要になってきます。
保存された全てのメールの使い途としては、削除したメールの復元やトラブルが起こった際のメールのやり取りの確認などがあります。
近年では、アーカイブサービスを提供している業者も数多くありますので、システムを構築しなくても、業者が提供するサービスのアカウントを取得する事でメールの保存や高速検索が行えるようになります。